ホーム > 知ってなるほどバルブと水栓 > 環境関連情報 > WHO飲料水水質ガイドライン第4版(1)

環境関連情報

WHO飲料水水質ガイドライン第4版(1)

2011年6月27日付けにて公表

情報発信日:2011-08-25

はじめに

WHOは2011年6月27日付けでGUIDELINES FOR DRINKING-WATER QUALITY (GDWQ:飲料水水質ガイドライン)の第4版を公表しました。GDWQは世界各国における水道法や飲料水水質基準の原点となるものであり、従来は10年に一度の見直ししか行われなかったため、毎回大幅な改訂があり、この改訂は各国水道関係者の注目を集めるものでした。しかし2004年の第3版改訂以降は、毎年専門家会議が行われ、逐次改正が行われるようになったことや、第4版はすでに2007年5月に行われた第4版のための専門家会議で改訂内容は決定しており、2009年度に公表される予定が遅れていたためか、今回は特にプレス発表もなかったようです。

GDWQ第4版の概要

GDWQ第4版は全12章441ページ、付属書1~7まで68ページ、インデックス1ページの全518ページから構成されています。

第1章 序章

第2章 ガイドラインを実行する上での概念上のフレームワーク

第3章 健康を基本とする目標(HBT)

第4章 水安全計画

第5章 サーベイランス

第6章 特定の状況でのガイドラインの適用

第7章 微生物学的観点

第8章 化学的観点

第9章 放射線学的観点

第10章 許容性面: 味覚、匂いと外観

第11章 微生物のデータシート

第12章 化学物質のデータシート

附属書1 ガイドラインへの解説文書

附属書2 引用文献

附属書3 化学的な概要表

付属書4 分析法と達成の可能性

附属書5 処理方法と性能

附属書6 放射性核種に関する支える情報

附属書7 飲料水品質ガイドライン第4版の発展の誘因

 

まだ精読はしていませんが、内容は概ね「2007年5月に行われた第4版のための専門家会議での決定事項」に沿ったものになっていると思われます。

まとめ

次回、第8章の化学物質規制、特に「水処理または、飲料水と接触がある材料から使われる化学物質」「新しい懸念化学物質」について詳細な報告を行いたいと思います。

引用・参考資料

注意

情報一覧へ戻る