ホーム > 知ってなるほどバルブと水栓 > 環境関連情報 > WHO「飲料水水質ガイドライン第3版」を最終報告

環境関連情報

WHO「飲料水水質ガイドライン第3版」を最終報告

情報発信日:2004-09-30

WHO(World Health Organization:世界保健機構)の報道

飲料水水質ガイドライン第3版の最終報告

WHO(世界保健機構)は2004年9月28日、モロッコのマラケシュで開催されている世界水協会(IWA)総会、及び、ジュネーブWHO本部において、「水に関連して発生する疾病を予防することを目的として飲料水水質ガイドライン第3版を発行する」と発表しました。

WHOの飲料水水質ガイドライン制定の歴史

WHOは、1958年に初めて国際的な基準として飲料水水質基準を策定しました。以降、1984年に「WHO加盟各国がそれぞれの国の実情に応じて国内の水質基準を制定する際の参考にできるガイドライン」という位置づけに改め、ガイドライン初版が発表されました。1993年には、水質汚染の原因となる化学物質の増加にともない、より広範な項目の検討がなされ、第2版ガイドラインが公表されました。

今回は、第2版の内容に、さらに様々な科学的な見地からの検討が加えられ、10年ぶりの改訂が行なわれました。

今回報道内容の概要

今回改訂された第3版ガイドライン報告に際してのコメントは概ね以下のとおりです。

日本における対応

わが国においては、第3版が(案)の段階に検討が行われ、2003年5月に「水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省省令第101号)」が公布され、2004年4月から施行されていますので、第3版への対応はすでになされていることになります。

第3版の全文入手(英語版)

WHOのウェブサイトから直接ダウンロードできます。

注意

情報一覧へ戻る