ホーム > 知ってなるほどバルブと水栓 > 環境関連情報 > 平成20年度(2008年度)エネルギー需給実績(速報)

環境関連情報

平成20年度(2008年度)エネルギー需給実績(速報)

経済産業省 平成21年10月30日発表

情報発信日:2009-12-18

平成20年度エネルギー需給実績(概要)

経済産業省は平成21年10月30日付けにて、資源エネルギー庁がまとめた平成20年度のエネルギー需給実績の速報を発表しましたので、報道資料より抜粋して報告します。エネルギーの需給は地球温暖化ガス排出量やGDPとも連動する数字であり重要なデータです。資源エネルギー庁によると、

平成20年度のポイント

数値の変化

以下、経済産業省の報道資料より主なグラフを転載します。
  *PJ(ペタジュール)は1×exp(15)ジュール

<最終エネルギー消費の長期推移>

<最終エネルギー消費前年度比増減と部門別最終エネルギー消費推移(2008年度速報)>

<エネルギー起源CO2排出量の推移(2008年度速報)>

<GDPと一次エネルギー国内供給推移>

まとめ

日本の実質GDP(物価の変動の影響を除去した)は1990年度に447.4兆円、2007年度560.5兆円と25%の成長をとげ、ほぼ右肩上がりで経済成長を続けていますが、エネルギーの供給量は1990年度は19,557PJに対して2007年度は22,710PJで16%の増加に留まっておりエネルギー効率が向上しています。またエネルギー起源の炭酸ガス排出量も1990年度1,059メガトンに対して2007年度は1,219メガトンと15%の増加に留まっています。

京都議定書の目標である1,076~1,089メガトンに対して2008年度は不況による経済活動の停滞があり温室効果ガスの排出量は速報値で1,138メガトンですが、京都議定書の目標値に対しては4.5~5.8%オーバーしており、更なる低減が必要と言えます。

参考文献及び引用先

注意

情報一覧へ戻る