ホーム > 知ってなるほどバルブと水栓 > 環境関連情報 > 環境にやさしい企業行動調査結果

環境関連情報

環境にやさしい企業行動調査結果

2005年9月16日環境省報道

情報発信日:2005-09-26

環境省アンケート調査

環境省では、平成3年度(1991年)から継続している「環境にやさしい企業行動調査」の平成16年度(2004年)の結果を取りまとめ、2005年9月16日付で公表しました。詳細は環境省のホームページに掲載されておりますので、興味のあるかたは、こちらをご覧ください。

以下は、概略を紹介いたします。

  1. 「環境への取組みと企業活動」について
  2. 有効回答数

調査結果概要

  1. 「環境への取組みと企業活動」について
  2. 「企業の環境格付けの必要性」について
  3. 「取引先の選定にあたり環境に配慮した事業活動を考慮するか」について
  4. 「グリーン購入」について
  5. 「グリーン購入の実施」について
  6. 「企業における環境情報の公開」について
  7. 「環境会計の導入」について
  8. 「CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)」について
  9. 「環境ビジネス」について
  10. 「地球温暖化防止への取組み」について

感想

本アンケート調査の結果より、各企業の環境問題に対する関心の深さが窺えます。環境問題を「ビジネスチャンス」「企業ブランドをあげるための重要な戦略」と前向きに位置づける企業と、「社会貢献の一つ」と消極的に位置づける企業とがあるようですが、今後は環境問題を「自社にとってプラス要因」「プラス要因にするにはどうするべきか?」を考えて、前向きに取組むことが重要になってくると思われます。またCSR(企業の社会的責任)についても、企業の関心の高さが現れており、法規制以上の社会的貢献を積極的に取り入れて行く姿勢が鮮明になりつつあります。従来は、製品の購入において「コスト」と「性能・機能」が比較されましたが、今後は「環境配慮」や「社会的責任」にいかに取組んでいるかも、購入条件の一つになってゆくものと思われます。

出典

注意

情報一覧へ戻る