ホーム > 知ってなるほどバルブと水栓 > 環境関連情報 > 環境JIS策定の中期計画を改定

環境関連情報

環境JIS策定の中期計画を改定

情報発信日:2005-05-20

経済産業省、環境JIS策定の中期計画を改定

経済産業省の日本工業標準調査会(JISC)標準部会は2005年3月11日、第16回環境・資源循環専門委員会を開催し、「環境JIS策定中期計画」の改定を決定したことを発表しました。詳細はこちら

「環境JIS策定中期計画」は、今後策定を予定している環境JISの具体的な策定計画をまとめたもので、毎年度見直しが行われています。これまでにこの策定計画に基づいて制定及び改正された環境JIS規格の数は、過去3年で累計123件にのぼっています。

今回の改定概要

今回の改定は、平成17〜19年度の3年間の策定計画について見直しが行われたもので、今後3年間で219件のJIS標準化テーマが計画されています(うち新規は42件)。

これらの標準化テーマを環境政策上の必要性(社会ニーズ)の観点から分類すると、環境3R(※環境省注:環境JISとは、3R=リデュース、リユース、リサイクル、に資する規格に加えて、大気・水質等の排出濃度等の測定方法について規定する環境測定規格を含んだものの総称であり、環境保全に幅広く貢献。)の推進が53件と最も多く、製品に係る有害物質化学対策が44件、環境配慮設計が43件、環境汚染(大気、水質、土壌等)対策が42件、地球温暖化対策が37件となっています。

2005年度を目標にJISの制定・改正を目指す主な規格

【新たな標準化テーマ】

【平成17年度制定・改正する主な規格】

配管機材などに何らかの関係があると思われるもの

【平成17年度計画】

【平成18年度以降計画】

注意

情報一覧へ戻る