ホーム > 知ってなるほどバルブと水栓 > 環境関連情報 > 世界の環境規制#1 欧州

環境関連情報

世界の環境規制#1

欧州

情報発信日:2004-06-03

EUにおける環境政策について

EU(欧州連合)における環境政策は、1987年の単一欧州議定書(ローマ条約の大改正単一欧州議定書、Single European Act 1986)の発効以来、重要な政策として位置づけられています。とくに、1992年に決定された第5次環境行動計画は、「持続可能な開発(Sustainable Development)」を基本としたEUの環境政策のガイドラインとなりました。

EMASとは、Eco-Management and Audit Schemeの略で、企業活動における環境パフォーマンスの継続的な改善を目的に、93年7月に施行、95年4月から運用が開始されたEUの規則です。工場・事業場が環境マネジメントシステム(EMAS)を構築し、内部監査の結果を環境声明書にまとめ、それを外部の公認環境認証人が検証して公表する枠組みで、EMASの継続的改善のみで環境パフォーマンスを直接問わないISO14001より一歩踏み込んでいます。当初、原則として製造業を対象にスタートしましたが、2000年夏を目処に全業種に拡大されました。

化学物質管理の新しい考え方

化学物質の使用

化学物質の利用に起因する、潜在的な「負の影響」に関する知識を深める必要があり、知識提供の責任は生産者、輸入業者及び川下ユーザが負うべき。

危険な化学物質

危険な化学物質は、人と環境に対する危険を軽減することを目的とし、より安全な化学物質あるいは化学物質の利用を必要としない、より安全な代替技術に替えるべきである。

REACHシステム Registration, Evaluation and Authorization of Chemicals

鉛・クロム・フタル酸・ハロゲンのフリー化

価値観の相違(難燃材のベネフィット)

スウェーデン国立研究所調査(BSEF JAPAN/徳勢正昭氏データ)

注意

情報一覧へ戻る