ホーム > バルブの規格 > JIS規格

JIS規格

JIS規格は、日本工業標準調査会(JISC)の答申を受けて主務大臣が制定する日本の国家規格です。
標題が太字で表示されている規格は当会が原案作成団体となっている規格です。

規格番号標題および対応国際規格番号
JIS B 0100:2013バルブ用語
JIS B 2001:1987バルブ呼び径及び口径
JIS B 2002:1987バルブの面間寸法
JIS B 2003:2013バルブの検査通則
JIS B 2004:1994バルブの表示通則
JIS B 2005-1:2012 工業プロセス用調節弁-第1部:調節弁用語及び一般的必要条件・・・IEC 60534-1:2005 (IDT)
JIS B 2005-2-1:2005 工業プロセス用調節弁-第2部:流れの容量-第1節:取付け状態における流れのサイジング式・・・IEC 60534-2-1:1998 (IDT)
JIS B 2005-2-3:2004 工業プロセス用調節弁-第2部:流れの容量-第3節:試験手順・・・IEC 60534-2-3:1997 (IDT)
JIS B 2005-2-4:2004 工業プロセス用調節弁-第2部:流れの容量-第4節:固有流量特性及びレンジアビリティ・・・IEC 60534-2-4:1989 (IDT)
JIS B 2005-3-1:2005 工業プロセス用調節弁-第3部:寸法-第1節:フランジ形二方ストレート形グローブ調節弁の面間寸法及びアングル形グローブ調節弁の中心-面間寸法・・・IEC 60534-3-1:2001 (IDT)
JIS B 2005-3-2:2005 工業プロセス用調節弁-第3部:寸法-第2節:バタフライ弁を除く回転形調節弁の面間寸法・・・IEC 60534-3-2:2001 (IDT)
JIS B 2005-3-3:2005 工業プロセス用調節弁-第3部:寸法-第3節:突合せ溶接形二方ストレート形グローブ調節弁の面間寸法・・・IEC 60534-3-3:1998 (IDT)
JIS B 2005-4:2012 工業プロセス用調節弁-第4部:検査及び試験・・・IEC 60534-4:2006 (IDT)
JIS B 2005-5:2004 工業プロセス用調節弁-第5部:表示・・・IEC 60534-5:1982 (IDT)
JIS B 2005-6-1:2004 工業プロセス用調節弁-第6部:調節弁へのポジショナの取付けの詳細-第1節:直線運動駆動部へのポジショナの取付け・・・IEC 60534-6-1:1997 (IDT)
JIS B 2005-6-2:2005 工業プロセス用調節弁-第6部:調節弁へのポジショナの取付けの詳細-第2節:回転運動駆動部へのポジショナの取付け・・・IEC 60534-6-2:2000 (IDT)
JIS B 2005-7:2004 工業プロセス用調節弁-第7部:調節弁データシート・・・IEC 60534-7:1989 (IDT)
JIS B 2005-8-1:2004 工業プロセス用調節弁-第8部:騒音-第1節:調節弁の空気力学的流動騒音の実験室における測定・・・IEC 60534-8-1:1989 (IDT)
JIS B 2005-8-2:2008 工業プロセス用調節弁-第8部:騒音-第2節:調節弁の液体流動騒音の実験室における測定・・・IEC 60534-8-2:1991 (IDT)
JIS B 2005-8-3:2008 工業プロセス用調節弁-第8部:騒音-第3節:調節弁の空気力学的流動騒音の予測方法・・・IEC 60534-8-3:2000 (IDT)
JIS B 2005-8-4:2008 工業プロセス用調節弁-第8部:騒音-第4節:調節弁の液体流動騒音の予測方法・・・IEC 60534-8-4:1994 (IDT)
JIS B 2011:2010青銅弁
JIS B 2031:2013ねずみ鋳鉄弁
JIS B 2032:2013ウェハー形ゴムシートバタフライ弁
JIS B 2051:2013可鍛鋳鉄弁及びダクタイル鋳鉄弁
JIS B 2061:2013給水栓
JIS B 2062:1994水道用仕切弁
JIS B 2071:2000 鋼製弁・・・ISO 6002:1992, 10434:1998, 12149:1999 (MOD)
JIS B 2090:2014 フランジレス形弁の性能及び試験方法
JIS B 8210:2009 蒸気用及びガス用ばね安全弁・・・ISO 4126-1:2004 (MOD), 4126-7:2004 (MOD)
原案作成団体:(一社)日本ボイラ協会
JIS B 8225:2012 安全弁-吹出し係数測定方法
原案作成団体:(一社)日本ボイラ協会
JIS B 8226-1:2011 破裂板式安全装置-第1部:一般・・・ISO 4126-2:2003 (MOD)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本高圧力技術協会
JIS B 8226-2:2011 破裂板式安全装置-第2部:安全弁との組合せ・・・ISO 4126-3:2006 (MOD)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本高圧力技術協会
JIS B 8226-3:2011 破裂板式安全装置-第3部:適用,選定及び取付け・・・ISO 4126-6:2003 (MOD)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本高圧力技術協会
JIS B 8227:2013気液二層流に対する安全弁のサイジング
JIS B 8244:2004 溶解アセチレン容器用弁
原案作成団体:日本高圧ガス容器バルブ工業会
JIS B 8245:2004 液化石油ガス容器用弁
原案作成団体:(一財)日本規格協会、日本高圧ガス容器バルブ工業会
JIS B 8246:2004 高圧ガス容器用弁・・・ISO 407:1991 (MOD)
原案作成団体:日本高圧ガス容器バルブ工業会
JIS B 8355:2009 油圧―サブプレート取付形4ポート電磁切換弁・・・ISO 4401:2005 (MOD)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8357:2000 油圧用圧力補償付流量調整弁 ― 取付面及び取付寸法・・・ISO 6263:1997 (IDT)
原案作成団体:(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8372-1:2003 空気圧 ― 空気圧用減圧弁 ― 第1部:供給者の文書に表示する主要特性及び製品表示要求事項・・・ISO 6953-1:2000 (IDT)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8372-2:2003 空気圧 ― 空気圧用減圧弁 ― 第2部:供給者の文書に表示する主要特性の試験方法・・・ISO 6953-2:2000 (IDT)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8373:1993 空気圧用2ポート電磁弁
原案作成団体:(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8374:1993 空気圧用3ポート電磁弁
原案作成団体:(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8375-1:2007 空気圧用5ポート方向制御弁―第1部:電気コネクタなしインタフェース取付面・・・ISO 5599-1:2001 (IDT)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8375-2:2007 空気圧用5ポート方向制御弁―第2部:電気コネクタ付きインタフェース取付面・・・ISO 5599-2:2001 (MOD)
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8375-3:2000 空気圧用5ポート方向制御弁 ― 第3部:弁機能伝達用コード体系・・・ISO 5599-3:1990 (IDT)
原案作成団体:(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8376:1994 空気圧用速度制御弁
原案作成団体:(一社)日本フルードパワー工業会
JIS B 8401:1999 蒸気トラップ・・・ISO 6704:1982, 6948:1981 (MOD)
原案作成団体:日本暖房機器工業会
JIS B 8410:2004水道用減圧弁
原案作成団体:日本暖房機器工業会
JIS B 8414:2004温水機器用逃し弁
原案作成団体:日本暖房機器工業会
JIS B 8471:2004 水用電磁弁
原案作成団体:(一財)日本規格協会、日本自動機器工業会
JIS B 8472:2008 蒸気用電磁弁
原案作成団体:(一財)日本規格協会、日本自動機器工業会
JIS B 8473:2007 燃料油用電磁弁
原案作成団体:日本自動機器工業会
JIS B 8605:2002 冷媒用止め弁
原案作成団体:(一財)日本規格協会(公社)日本冷凍空調学会
JIS B 8619:1999 冷媒用温度自動膨張弁 ― 性能試験方法
原案作成団体:(公社)日本冷凍空調学会
JIS B 8651:2002 比例電磁式リリーフ弁試験方法
原案作成団体:(一財)日本規格協会(一社)日本フルードパワー工業会
JIS E 7701:1992 高圧ガスタンク車タンク用安全弁
原案作成団体:(一社)日本鉄道車輌工業会
JIS F 3056:1995 船用フート弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 3057:1996 青銅立形ストーム弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 3058:1996 鋳鋼立形ストーム弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 3059:1996 青銅ねじ締め立形ストーム弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 3060:1996 鋳鋼ねじ締め立形ストーム弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7216:2010 船用油面計自動閉鎖弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7300:2009 船用弁及びコックの使用基準
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7343:2010 船用青銅20K圧力計コック
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7379:1996 船用黄銅30Kくい込形止め弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7381:2010 船用青銅5Kフランジ形コック
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7387:2010 船用青銅16Kコック
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7390:2010 船用錠付コック
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7398:2010 船用燃料油タンク自動閉鎖排油弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7399:2002 船用油タンク非常遮断弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7400:1996 船用弁及びコックの検査通則
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7425:2006 船用鋳鉄弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7426:2008 船用鋳鋼弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7427:2012 船用青銅弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7428:2009 船用鍛鋼弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7480:1996 船用ゴム弁座式バタフライ弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会
JIS F 7505:2006 船用球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)弁
原案作成団体:(一財)日本船舶技術研究協会

*JIS規格は日本規格協会で販売価格等をご確認のうえ、同協会よりお買い求めください。
*各規格の改訂・廃止等、最新状況については、日本工業標準調査会(JISC)もしくは日本規格協会のウェブサイトでご確認くださいますよう、お願いいたします。